アイアルマーズの考え方

組織戦略から考えるオーダーメイドコンサルティング

アイアルマーズは組織改革コンサルティング会社として数多くの中小・ベンチャー企業の変革に携わってきました。これまでの経験から、確信をもっていえることがあります。組織を変えるのは、戦略、仕組みの力に加え、欠かせないのは「人」の力。組織にどんな人が所属しているか、組織変革の大きな要素の一つです。

今までの組織に新しい人財が加わることで、会社の社風、文化がプラスにもマイナスにも大きく変わる可能性があります。企業にとって採用活動は重要な経営課題です。すでに力を入れて取り組んでいらっしゃる企業様にも、よく陥りがちな落とし穴があります。それは、未来の組織像を描く目的の新卒採用活動が、いつのまにか「人数」をコミットする採用活動になってしまっていること。手段が目的になってしまい、結果、組織戦略とズレが生じてしまうのです。

最大の効果を生むため、1社1社オーダーメイドで戦略立案します

未来を描くための大切なプロジェクトに対して、「◯◯人採用する」というだけの考えでは組織の発展は望めません。ビジョンに基づきどんな組織を作っていくのか、そのためにはどんな人財が必要になるのかを明確に描き出し、採用に取り組むことが必要です。

ともなれば、当然他社同様のやり方で新卒採用活動が成功する訳がありません。アイアルマーズでは、求める人財を採用するために1社1社オーダーメイドで採用活動プランを設計していきます。

人財採用は、社員全員がプロジェクトメンバーです。
どんな人財を欲しているか社内で共有し、採用するためには、それぞれがどういう取り組みをしなければならないかを考える大切な機会。新卒採用活動は既存社員の方々の意識が向上する大きなチャンスでもあります。

私たちは、企業様の大事なプロジェクトメンバーの一員となって、効果の最大化を追求し続けます。

枠にとらわれない、お客様にとって本当に必要なサービスを

近年、採用マーケットは大きく変化し続けています。新卒採用は1年に1チャンス。ひとたび誤れば、組織戦略が1年遅れてしまいます。世の中のスピードが一段と早くなっている今、この差は致命傷ともいえるロス。結果の最大化を追求する私たちだからこそ、常に市場のトレンドを読み、最新の情報をキャッチした提案をしています。

例えば、就職サイトを扱っている会社であれば、「自社就職サイトを使ってどうやって結果を出していくか」という点のみで、その領域を超えることはできません。しかし、私たちは中立的な立場として「本当に結果が最大化するための手段、手法は何か」を考え続けます。活用する就職サイトに関してもフラットな立場で最適なプランをご提案します。また、お客様に必要だと思えば新しいサービスを開発することにも積極的です。実際に、ここ数年SNSを筆頭にしたインターネットの普及により就職サイトの力は低下していると考えた私たちは、就職サイトだけに頼らない、直接学生と出会えるサービスを作り上げました。

ヒアリング・ビジョンの共有を重視して、幅広い選択肢の中から最適な方法をご提案

このように「本当にお客様にとって必要なものは何なのか」を考え、結果から逆算してプランをご提案しています。その他媒体、新卒紹介、イベントを活用した採用活動や、アルバイト・インターンから採用する仕組みづくりなど、企業に合わせて様々なご提案をすることが可能です。枠にとらわれない幅広い選択肢、その中でベストなプランをご提案できることが、アイアルマーズが常に結果を出し続けている理由の一つでもあります。

企業様にあった、様々な採用手法をご提案いたします。

「実行と結果」にこだわった伴走型のコンサルティング

最後まで何が起こるのかわからないのが、新卒採用。学生の状況は1日1日変化しています。他社から内定が出たら就職活動を辞めるという学生も珍しくありません。常に学生の動向を把握し、小さな変化に気づきながら対応していくことが大切です。新卒採用において最も重要なのは「揺るがない戦略を立て計画通りに進める」ことではなく「描いた戦略に基づき実行していきながら、臨機応変に進めていく」こと。私たちのサービスは、最初の提案をして終わりではありません。提案後、内定を出すまで、さらには教育等を通じて戦力化するまで。ひいては組織の発展まで視野に入れた採用活動の提案をすることが、私たち強みでもあり使命でもあります。

アイアルマーズは、お客様の伴走者として、よきアドバイザーとして、結果を追い続けるパートナーとして、二人三脚でプロジェクトに挑みます。

学生の動きを見極め、変化に応じた臨機応変なサービスで新卒採用活動を成功へ導きます。

少し余談ではありますが、毎年多くの新入社員を輩出しているので、お客様の忘年会や新年会にお呼ばれすることも少なくありません。そして、私たちが携わって採用した学生が、数年後、会社の代表として多くの学生の前で話している姿を見るととても嬉しくなります。

結果にこだわり抜くスタンスを信条に、一蓮托生でプロジェクトに参加させていただきます。