1社1社オリジナルのワーク設計

ここに力をいれることで、会社の魅力、学生の入社意欲が大きく変わります。
今、「内定をいくつも保有するような学生」と「ひとつも内定が出ない学生」の二極化が進んでいます。「内定をいくつも保有するような学生」を獲得することは大きなミッションのひとつです。このような学生を採用するためには「内定をもらったうちの1社」という立場ではなく「絶対に入社したい特別な1社」になる必要があります。そのために必要なことは、同業他社や有名企業とは違った魅力を打ち出し、差別化すること。ビジネスモデルや売上規模などの「変えられないモノ」ではなく、選考のやり方、伝えるポイントなどの「変えられるモノ」にフォーカスし、他社にはないオリジナルのグループワークを設計します。

見極めと惹きつけポイント

アイアルマーズがつくるグループワークは、実際の仕事を疑似体験できるゲーム。入社してからの仕事内容を体感できるよう、一つひとつ丁寧につくりあげていきます。就職サイトや説明会では伝わりきらない仕事の面白さややりがいを感じてもらうことできるのが、このグループワークの特徴です。他社とは違う選考内容は学生にも強く印象付けられ、入社意欲を上げるポイントにもなります。また、仕事内容を疑似体験するプロセスで、実際に働いた際に必要になるスキルを見極めることも可能です。惹きつけと見極めのポイントを設計して、他社との差別化を図ります。
ここが違う!
  • ヒアリングやインタビューを重ね、1社1社オリジナルで設計する高い開発力
  • 仕事の疑似体験から、学生のスキルを見極めることも可能
  • 他社とは違うオリジナルの選考内容で、学生の入社意欲をアップ
こんな企業様にオススメ!「採用したい」と思った学生は競合とバッティングして採用できていない企業様 「面接だけじゃ学生の資質を見極められない」とお考えの企業