株式会社サンリフレホールディングス様

代表取締役 栗原 将様

なぜ、社内改革のパートナーをアイアルマーズに選んだのですか?

創業から13年が経過した頃、ここからさらに事業を発展させていくためには、それに耐えうる社内のあらゆる仕組みを見直す必要性を感じていた時期がありました。
しかしながら、日々事業が拡大していく中で社内の管理職は常に忙しく、なかなか第二領域の仕事が進まないまま時間だけが経過してしまっていたところに、想定していた問題をいくつか発生させてしまった事がありました。

この事がきっかけとなり、自前だけの力で進めて行くよりも、外部企業の力も借りようということになったのですが、依頼先選びにおいて私が特にこだわったのは、高度なテクニック論を謳う会社ではなく「実際に働く社員の目線で考えてくれる会社なのか」というものでした。
アイアルマーズさんに依頼した理由は、以前から新卒採用を手伝ってもらっていて社内の皆から親しまれていたことと、日頃から社員と経営陣を結ぶための素晴らしい対応をしてくれた事がきっかけで信頼できるパートナーだと考える事ができたためです。

社内改革では、どのような成果がありましたか?

成果という意味では、まだ改革の過程にいますので具体的なものではありませんが、多数の社員を巻き込んでじっくりと進めてくれているので、幅広い社員から意見を吸い上げる環境ができつつあり、会社の一体感を高めてくれていると感じています。

栗原社長にとって、アイアルマーズはどのような存在ですか?

そうですね。骨がある奴らだなという感じです(笑)
私が20代の頃、若者はもっと熱かったと思います。今の若者には少なくなった、そういうところをまだ強く持ち合わせている会社だと思いますし、私もいつも、刺激をもらっています。

今後、アイアルマーズに期待したい事はどのようなことですか?

今までは少数精鋭の会社だったと思いますが、これからたくさんの人を雇用して事業を大きくしていきたいと聞きました。
今後も良きパートナーとして、また、よきライバルとしても、互いに成長していけたら素晴らしいですね。

ページの先頭へ戻る

現場社員様

プロジェクトに参加をして、どのような気付きや学びが得られていますか?

採用や社員教育を担当していることもあり、たくさんのアドバイスをいただいています。
独学でコーチングなどを学んでもいざ実行しようと思うとなかなかうまくいかないことが多いのですが、同社は他の成功例を一方的に押し付けるのではなく、当社の現状を把握した上で最適な手法を具体的に提示してくれるので理解しやすく、また非常に効果的なアドバイスであると感じています。

また例えるなら魚を獲ってくれるのではなく、魚の獲り方を気づかせてくれるスタンスなので、1つの課題が解決できると自然と様々な課題に対応できるようなっていて、自己の成長を実感しています。

プロジェクトを通じて、社内ではどのような変化が起きていますか?

社員それぞれの中に会社そのものに対しての当事者意識の芽生えを感じています。今まではそれぞれが自らの仕事をこなすことに終始しがちだったのですが、その仕事が会社にどのような価値をもたらしているのかを全社員が意識して取り組めるようになりました。この『仕事の価値への意識』は『他部署の仕事への興味』へと発展し、部署をまたいだコミュニケーションの促進にも繋がりました。
その結果、部署ごとに重複している業務や主管のずれた業務が洗い出され、それを最適化することで具体的な業務効率化も実現することができました。

また会社の理念やビジョンをただ伝えるだけでなく、全社員面談を通じて各社員の現状を把握した上で伝えることでより明確に伝わり、皆が同じ方向を向くことができました。
もともと何事にもスピードを意識して取り組んでいましたが、風通しが良くなり足並みが揃った分、よりスピード感のある会社になったと感じています。

社員の皆さんにとって、アイアルマーズはどのような存在ですか?

同じ社内の一部署のといっても過言ではないくらいウェットでホットな存在です。事実、被災地のボランティアやマラソン大会など社員の結束強化のためのイベントなども提案していただけるだけでなく、一緒に参加してコミュニケーションの促進をしていただけることもあり、いわゆるコンサルタントにはないパワーと説得力を感じます。
その上でビジネスパートナーとしての客観性を持っていただいているので、経営トップと社員の間の絶妙なポジションに立ち、社員には時としてなかなか伝わりにくいトップの言葉を、様々な手法を持って伝えていただいています。

事実現在進行中のプロジェクトでは、トップダウンではなくボトムアップ型で会社のビジョンを創っているのですが、その方向性は経営トップが普段唱えているそれと本質的に同じものになりつつあります。
結局トップの求めているもとの社員の求めているものは同じだったということですが、ちょっとしたボタンの掛け違いで伝わっていなかっただけだったんですね。同社がそれに気づかせ導いてくれました。

これらの問題は時間をかけてじっくり向かい合えばいずれ解決できるのかもしれません。
ただ社内の調整だけではビジネスは成り立ちません。いち早く本業に集中して成果を上げるためにも、同社は欠かせない存在です。

今後、アイアルマーズに期待したい事はどのようなことですか?

色々なお客様とお付き合いしておられるので、時代に応じた経営に関して、これからも情報をいただきたいですね。
情報を私たちが取りに行くのではなくて、私たちが選別できる情報、世の中の流れ、変化を提供してもらいたいですね。時代の変化が激しいからこそ、準備不足にならないよう、その為の情報と社内準備をサポートして欲しいです。
そして、会社が良くなるように先導して欲しいです。険しさは必要だと思うんですけど、できることならいばらの道ではなくて、よりスマートにできるように先導して欲しいです。

ページの先頭へ戻る