case11

株式会社丸杉
代表取締役社長 杉浦正臣 様

丸杉の将来を担う
幹部候補の採用

2016年度新卒採用活動 4名入社
2017年度新卒採用活動 4名入社
2018年度新卒採用活動 2名入社

多数の学生が市場に集う
学生から大好評の現場見学

Q.1 なぜ、新卒採用に取り組まれたのですか?

世代交代に向けた「組織化」の第一歩として、新卒採用に挑戦しました。
当時の社内は、個人商店のように社員1人ひとりがそれぞれ商売を成立させており、組織として1つにまとまっていませんでした。
理念もなく、会議の場もなく、会社の方向性を共有する機会のなかった弊社では、「組織化」が大きな課題であり、解決せずに世代交代はできない、
そう考えておりました。
そこで、組織化をしていくためには、会社の方向性を定め、そこに向けた役割分担が急務であると考えた際に、 「人財づくり」として採用・教育・評価の仕組みをつくり、人が入り、定着し、育つ文化や環境が必要だと感じ、新卒採用にチャレンジすることとなりました。

Q.2 新卒採用活動を行った感想を教えてください。

まずは、市場でも新卒採用が成功し、若手人材の獲得ができることに驚きました。
毎年のように多数の就活生が説明会や選考に来る様子は、市場内の他の企業の方からも感嘆の声が上がっています。

それと新卒採用活動にはパワーがいる、と毎年改めて感じさせられます。
今年の採用がひと段落したら、また次の年の採用が始まる…
目まぐるしく変わる採用市場に、毎年適応していかないといけない…
そう考えた際に、なかなかアイアルマーズさんのサポートなしでは継続は難しかったのだろうと感じさせられますね。

食事会は丸杉が商品を卸している
レストランで開催

Q.3 特に印象に残った取り組みについて教えてください。

選考のワークショップですね。弊社の仲卸の仕事は、なかなか学生はイメージが持ちにくく、仕事の内容ややりがいを伝えることが難しい職種だと思います。
しかし、アイアルマーズさんは弊社独自のビジネスゲームを作成してくださり、日々相場が変動する中で、自分で値決めをすることの難しさや、
お客様に合わせて値段や品質などを提案することの楽しさなど、口頭だけではなかなか伝わりにくい仲卸の仕事の魅力をゲームを通じて発信してくれました。
今ではそのゲームは、採用だけでなく、若手社員の研修にも活用しています。

内定後も研修を通じてしっかりと成長をサポート
時代に合わせた採用インスタグラムの導入
学生の要望があれば早朝6:00から市場見学をすることも