case5

株式会社鳥新
代表取締役社長 磯田聖規 様

創業123年
世代交代を見据えた若手の採用

2018年度新卒採用活動 3名入社
2019年度新卒採用活動 3名内定

合同説明会参加風景
若手社員が学生にスピーチ
会社説明会参加風景
10名以上/1回の学生が参加

Q.1 なぜ、新卒採用に取り組まれたのですか?

若手人材の確保が急務ということが一番の理由です。
当社は歴史ある企業で、昔から働いている50代、60代の社員が中心の組織でした。
いわゆる「ベテラン社員」が大多数を占めている状況ですね。
そういった中で、若い世代を今のうちに採用し、教育をしていかないと、これまで培ってきた技術や人脈も途絶えてしまうという危機感がありました。
高卒の採用にも苦戦しているという状況でしたので、思い切って、大卒の新卒採用に踏み切りました。

Q.2 新卒採用活動を行った感想を教えてください。

2年間実施していますが、まず、これまで採用できなかった若手が採れているという実績がありますので、大成功だと思っています。
最初はうちに大卒が来るのか、心配な部分もありましたが、アイアルマーズさんのサポートもあって、上手くいきました。
採用できたことはもちろん成功なのですが、採用活動に携わった社員が、先輩としての意識を持ち始めたというか、 教えていく必要があるという気持ちが芽生えたことも大きな成果ですね。

採用に臨む社員に対しての勉強会

Q.3 特に印象に残った取り組みについて教えてください。

一番印象に残っているのは、「ここまでやるか」ということです。
採用というと、面接を頭に思い浮かべれるのですが、固定概念にとらわれることなく、 当社の魅力が一番伝わるという観点から、選考にゲームを導入したり、時代に合わせてホームページまで刷新するとは思いませんでしたね。
逆に言えば、ここまでやれば採れないということも分かりました。

あとは、採用活動に参加する社員にみっちり研修を行ってくれるということです。
社員が改めて自社について考える機会にもなりましたし、採用という観点以外にも実りのある活動になったと思っています。

職場体験会
先輩社員は一生懸命仕事を説明
時代に合わせた採用HPの導入
仕事の魅力を伝えるオリジナルゲーム開発・導入