株式会社赤坂ユニベイス様

取締役統括部長 赤坂 香津緒様

プロジェクト発足のきっかけはなんですか?

現在、新卒採用プロジェクトと評価制度構築プロジェクトの2つをアイアルマーズさんにお手伝いいただいておりますが、まず新卒採用プロジェクトの方から言いますと、新人が入って、先輩になって、後輩を持ちという、きちんと序列を作ることがスタッフの成長になるかなと思うんですよね。新卒で入って、うちの風土が染みついた子が上司になって、その子が新しく入ってきた子に教える、そんな文化を作っていきたいというのが最初の動機ですね。

次に評価制度構築プロジェクトですが、なんか子供の頃ってテストがあったり、受験があったり、節目節目に評価されるものがあるじゃないですか。目的があって、それがあって達成して喜んだり悔しがったり、社会人になると確かに挑戦して達成とか、ゼロではなくてあるんですけど、もっと明確に評価を設けた方がチャレンジ意欲が湧きますし、1年こういうものに向かって成長できたかできなかったかを振り返る事が必要だと思うんですよ。
主観で頑張っているとか、頑張ってないとかっていう評価はやめようと。

アイアルマーズを導入してみての感想はいかがですか?

うちの社長は自分のお金で会社を作って、今まで苦労しているけど、そういう人間なので、仕事に対して厳しいです。うちの社長の感覚としては、若いのにしっかりしてて分かっていると。だから珍しいと思うんですよ、こんなに長く4年も付き合って、社長の要望飲むところは飲む、でも主張するところは主張すると。渡部君もそうだけど、信頼があるので。

評価制度プロジェクトに関しても、ただ単に評価の仕組みを持ってきたからっていいっていうものだと思えなくて、想いとか、歴史とか、そういうところまで分かっている会社じゃないとできないと思う。アイアルマーズさんは、うちの会社のバックグラウンドとか理解してくれているからね。あとは優秀なスタッフがいるから。(笑)

渡部さんも角田さんも、うちの会社の中に入ってくれている感じはするので、それはすごくいいですね。プロジェクトに参加するメンバーとの垣根も低いかなと。みんなもざっくばらんに話せるのかなと、アイアルマーズさんには。「俺たちは外部だ」って言うんじゃなくて、半歩も一歩も踏み込んで入ってきてくれている。それがすごくいいですね。

社内活性ではどのような効果がありましたか?

会社や社長の考え、私の考えの理解度が依然と比べて速いスピードで多くの人に広まった気がします。特にプロジェクトメンバーには。以前はそういう機会もなかったので、社長がこういう苦労とか、こういう想いとか、じゃあ次の世代は何をするのとか。
僕はメンバーと距離が縮まったかな。

赤坂統括部長にとって、アイアルマーズとはどんな存在ですか?

簡潔に言うと、僕の時代に向かって、ずっとお付き合いをしたい良きパートナーですね。僕は人の力を信じたい気持ちが強い。人に関すること、採用活動、また採用した子がどういう目標を持って働くか、達成感や悔しさ、でもまた成長してって、そういうことって内部でやろうと思ってもなかなかね。でもそれをアイアルマーズさんが担ってくれることで、僕の作りたい会社に近づいて行っている。それを理解してくださっていますよね。

今後アイアルマーズに期待することはどんなことですか?

より良い人材の確保で、入社した子がますます輝けるステージを作ること。それを僕と一緒になってやってくださることかな。余談だけど、僕をお客様お客様って接してくれないので不満(笑)。うそうそ。(笑)僕の想像に近づけるために、同じ目線で物事を見てくれているのは嬉しいので、ずっとそのスタンスでお付き合い頂きたいなと思います。同じ目線と同じ想いでやってくれているなっていうのは感じます。お客さんだからここはこう言えばいいやっていうのがないので。やっぱり違う時は違うって言ってくれますし、この方がいいってアドバイスくれるので、そのアドバイスで決定事項を変えたりっていうのは大なり小なりあったので、そのスタンスはずっと守ってほしいと思います。

ページの先頭へ戻る

現場社員様

プロジェクトへの参加を通じてご自身が感じる成長や変化はありましたか?

入社してからすぐプロジェクトに参加させていただいているのですが、会社について改めて学び考えたり、それを相手に伝えたりといったようなプロジェクトにおける取り組みを通じて、自分の仕事の良さを言葉に表し再認識できました。
常に笑顔で対応することにも慣れてきたのかなと思います。
自分自身強くなったかなって。
もともと人見知りで苦手意識もあったのですが、だいぶ克服されてきましたね。

プロジェクトが社内の人間関係に与える影響は何かお感じになりますか?

他の店舗の店長さんや普段全然会うことのない方と実際にお話をしてみて、新たな発見というか、人間性を知ることができたり。先日本社の食堂でとある店長さんにお会いした時にも「最近どう?元気そうだね、良い感じだよ!」って励まされたりして、関係が広がったなと思いました。プロジェクトに参加することで、声を掛けてもらえるようになったなって。

それに、前までは上の人に意見を持っていくのには抵抗がありましたが、最近はもっと深いところまで「こう思うけど君はどう思うか」といったような柔らかい聞き方をしてくださいますし、皆が皆の意見を聞くような感じになってきていると思います。

プロジェクトを通じて新たに気付いたことや感じたことはありますか?

他部署が今何を考えているかとか、自分だけかなとか、それが会議を通じて、実は皆も同じだったんだというのを感じる機会はありますね。社長や統括部長から会社の歴史やこれからのお話を伺って、色々勉強になりました。
普段店舗で働いているとそういうお話を聞く機会ってなかなかないので。それに、社長自らお話をされていたので、より親近感を持てるというか、より近くに社長を感じるので、こういうことをもっとしていきたいなと感じました。

これまでのお付き合いの中でアイアルマーズに対する印象に変化はありますか?

初めてお会いしたときは、私も会社の組織的なものがわからなかったので、同じ会社の方だと思っていました。常に会社のことを気にしてくださっていて、違う会社の方だとは思えないくらい。名前もすぐ覚えていただけますし。今でも、そう思っています。同じ会社の人だと思っています。

ページの先頭へ戻る