武州工業株式会社様

5年先を考える幹部チームが誕生し、
私は10年先の仕事ができるようになりました。

代表取締役社長

林
英徳様

創業:1951年
事業:パイプ加工、板金加工事業
所在地:青梅市
従業員数:160名

(取り組み一例)
幹部が会社の年度方針を発表
(取り組み一例)
プロジェクト中社員同士での
意見交換
(取り組み一例)
社員同士で作る
工場見学の
予行練習
Q.1 アイアルマーズを選んだきっかけは何ですか?
一番は第三者の口を使って、組織づくりがうまくいくと確信したからです。当社は300年企業に向けて円滑な世代交代を目指していました。
しかし、今後どのように経営チームを組むか非常に悩んでいました。
自身で幹部を作るためにプロジェクトを組んだりもしていましたが、
逆に反感を買ってしまうなどうまくいきませんでした。
その中で、アイアルマーズが私の伝えたいことを言葉を変えて現場に発信してくれるんだなと知り、会社全体で改革に取り組むことができると思いアイアルマーズを選びました。
Q.2 会社はどのように変わってきましたか?
経営者、幹部4人の経営チームができて、経営チームみんなで会社のことを考えられるようになりました。
今の会長が社長だった頃は、技術屋の社員があれこれ話を聞いて、想いを形にしていましたが、自分には若い幹部がいて本当に仕事がしやすくなりましたね。
5年先の未来のことは若いメンバーに任せて、自分は10年先の未来のことまで考えられるようになりました。
現場のことは彼らが解決してくれるので、自分は安心して新しいことにチャレンジして、新たな可能性を考えています。
Q.3 幹部の育成により、どのような成果が上がりましたか?
これは幹部の育成のテーマとして使ったんですが、会社のビジョン、ミッション、バリューを決定しました。
会社の将来を全員で議論し、理想の状態をみんなで話し合いすり合わせを行いました。
その結果、幹部が成長し現場のことを率先して解決することができるようになりました。
具体的なものでは、10年以上当社の仕掛品の金額は横ばいで、削減することが難しかったのですが、昨年は30%の削減を行えました。
また、キズ不良率も0.8%を半分の0.4%にしようと高い目標設定をして、見事達成することができました。
現場を熟知した幹部が大立ち回りしてくれることで、現場の実行力や推進力が高まりました。
Q.4 アイアルマーズの印象を教えてください。
とにかく知ってくれる存在です。
社員とのコミュニケーションの量もとても多いので、助かっています。
社員一人ひとりを知ってくれるので、その社員にあった伝え方をしてくれます。
その内容が社員に気づきを与え、行動が変わっていっているのかなと思います。
コンサルティング会社ではありますが、上から目線でもなく一緒に考え、答えに導いてくれる、そんな存在がアイアルマーズだと思います。
武州工業株式会社様・組織改革記